イベントレポート

イベントレポート

平成29年度東京都・調布市合同防災訓練




訓練会場MAP

多摩で直下地震が起こったと想定して行われた本訓練。今回赤十字二輪奉仕団は、被害状況把握のための通信機能が不足したという状況のもと、現地支部災害対策本部からの要請により立川救護倉庫及び武蔵野救護倉庫の2施設から通信に必要な機材を運び、調布飛行場にて合流。その後、調布会場まで機材を送り届け交信を試みるという役割を務めました。

武蔵野藩、9時に集合

武蔵野班と立川班の2班に分かれ、それぞれの倉庫に9時半に集合。

日本赤十字の職員の方から被害状況の説明を受けます。この機会に倉庫の中身の見学も。その後、無線のアンテナと機材を積んで合流地点である調布飛行場へ。移動の間は同じ特殊奉仕団のアマチュア無線で適宜通信を行い合流したのち、それぞれの現状の報告を行いました。

無線機材を運びます

積まれる無線機材

倉庫内を見学

携帯です。通信手段の一つです

報告後は、隊列を組み全員で多摩川児童公園へ。

タンデム走行

隊列走行

当日の道路は混雑していましたが、2輪車の機動性を活かし、それほど遅延することもなく無事目的地の公園に到着しました。

調布飛行場で合流

到着

多摩川児童公園に到着

隊列走行

多摩川児童公園会場救護テント

無線基地の設備

到着後は搬送した機材を使って無線基地局を設営し、被害状況の把握の為に調布南高校、調布病院へと2人1組でそれぞれ団員を派遣し、通信を行いました。

炊き出しご飯はポークカレー

全体講評

無事交信が成功し、これにてミッション終了。最後は全体講評に参加しました。 訓練後の話し合いでは、災害時の中・長距離間での通信手段の確立が課題にあげられました。

ご自身のバイクで、東京都内で活動可能な方はそのスキルを災害に備える社会貢献活動に活かしてみませんか。ご興味のある方はお気軽に事務局までお問い合わせください。

<< 一覧に戻る

BMCJ Official Supporters Site

  • BMW Motorrad Japan
  • 日本ミシュランタイヤ株式会社
  • 株式会社ラフアンドロードスポーツ
  • 株式会社 アールエスタイチ
  • LOFT
  • 株式会社 ブリヂストン
  • 株式会社キジマ
  • 有限会社バイクハウス阿部
  • 株式会社バイクブロス
  • 株式会社バイクブロス
  • 株式会社 デグナー
  • 株式会社 クシタニ
  • 株式会社 ゴールドウイン
  • ダイワロイヤルホテルズ
  • 有限会社 Touratech Japan
  • 有限会社 トーヨー産業
  • YAESU
  • 株式会社 はやぶさ
  • 無限電光 株式会社
  • シェラリゾートホテルズ
  • アブソリュート 株式会社
  • 草津ナウリゾートホテル
  • 白馬アルプスホテル
  • 有限会社 ササキスポーツクラブ
  • 有限会社 アールズギア
  • 有限会社 ケイ・エム・エー
  • Metzeler
  • 株式会社 インファントリィ

※BMW Motorrad Club Japanは、オフィシャルサポーターによって支えられています。

広告掲載はこちら

  • facebook
  • 会員登録はこちら

    会員にご登録いただけますと会員限定のキャンペーンもございます。

  • 会員専用ページ